蕁麻疹(じんましん) ジンマシン先生
じんましんドクターサイトマップリンク集お問合せ
じんましんの基礎知識じんましんの出やすい人・時期蕁麻疹治療じんましん対策法じんましん危険度チェック
子供とじんましん高齢者とじんましん花粉症とじんましん妊娠・出産時のじんましん
 

高齢者とじんましん

年齢を重ねてくるとしだいに肌の水分は奪われていきます。この乾燥肌は「じんましん」も引き起こすことがあります。「乾燥はお肌のトラブルのもと」とよく言われますが、皮膚の病気に発展するのは避けたいものです。ここでは高齢者と「じんましん」の関係を見ていきましょう。

老人は乾燥肌になりやすい?!

高齢者だけではなく、幅広い年齢層で乾燥肌に悩んでいる人は大勢いると思います。私たちの肌は水分を蒸発させないために表面が皮脂膜で守られています。ところが、乾燥肌の人は肌の水分、油分がともに少ないため、肌を良い状態に保つことができません。その結果、カサカサになってしまうのです。この皮脂の分泌量は年齢とともに減っていくので、高齢者は特に乾燥肌になりやすいというわけですね。加齢による乾燥肌は、老人性乾皮症と老人性皮膚掻痒症に分けられます。老人性乾皮症は肌の水分不足が原因で、空気の乾燥する秋から冬にかけてかゆみを伴う症状があらわれます。一方、乾皮症は肌の保湿能力の低下が原因で起こります。いずれも暖・冷房の使いすぎや、入浴時あまり体をゴシゴシ洗いすぎると症状が悪化してしまうので気をつけましょう。

高齢者に多い蕁麻疹の症状

「じんましん」が起こる原因の一つに「乾燥」も挙げられます。「高齢者は乾燥肌になりやすい?!」のところでも述べたように、高齢者の肌は特に乾燥しやすくなっているため、これが「じんましん」の引き金になることも少なくありません。乾燥肌の症状として皮膚炎になったり、ガサガサに荒れてしまったところに何かの刺激が加わってアレルギーを起こすこともあるので…。おもな症状はのどの渇き、夜になると尿の量が増えるなどが挙げられるでしょう。また、高齢者は体温調節も難しくなっています。「じんましんの種類」のページにも書いた「寒冷じんましん」にも注意しなければなりません。冷たい水や冷気に触れることで、皮膚が赤く腫れ上がり、かゆくなります。時には乾燥していることで生じるかゆみと、その乾燥による「じんましん」のかゆみが両方くることもあるので、秋〜冬の空気が乾きやすい時期は早めの対策が必要になってきます。

乾燥には保湿が重要

「じんましん」が発症しない前に乾燥肌を少しでも改善することが大切です。乾燥肌を治すのは結構時間がかかりますが、毎日ちょっとずつ保湿を続けましょう!油分ばかりが不足していると勘違いしている人もいるのですが、水分とのバランスがポイントなんですよ。水分補給には化粧水やエッセンス・ローションが効果的です♪ヒアルロン酸などの保湿成分が毛穴を引き締めて、水分を閉じ込めてくれます。お風呂上がりや洗顔後にたっぷりつけましょう。さらに油分補給には乳液やクリームが役立ちます。つける量に関しては周囲の乾燥具合やお肌の状態を考えて決めてくださいね。

その他・乾燥を予防するには?

スキンケアのほかに何か予防方法はないのでしょうか?それは日常生活のあらゆるところにあるんですよ。ここでは、いくつかの注意点を挙げてみましょう。高齢者に限らず、乾燥肌の人全員に言えることですが、年を重ねるとどうしても色んなことが忘れがちになってしまいます。そういう時はまわりにいる家族などが、上手にアドバイスしてサポートしていきましょう。乾燥肌を予防することで、それが原因となる「じんましん」も発症しにくくなります。

 
じんましんドクター