蕁麻疹(じんましん) ジンマシン先生
じんましんドクターサイトマップリンク集お問合せ
じんましんの基礎知識じんましんの出やすい人・時期蕁麻疹治療じんましん対策法じんましん危険度チェック
子供とじんましん高齢者とじんましん花粉症とじんましん妊娠・出産時のじんましん
 

妊娠・出産とじんましん

今このサイトを読んでくれている人の中には、妊娠中に「じんましん」を経験した人もいるでしょう。または現在、妊娠中でこれから症状が出ないか心配という人もいると思います。ここでは、何が原因で発症するのか?妊娠・出産と「じんましん」との関係を見ていくことにしましょう。

妊娠中のじんましん

妊娠中に手足に何か赤い湿疹のようなものが出て、すごくかゆい…。このような症状が出る妊婦さんが結構多いと聞いたことがあります。その症状を見ると「じんましん」のようなのですが、これは正式名称を妊娠性痒疹(ようしん)といいます。妊娠中期から後期にかけて腕や足の外側、胸、背中、お腹まわりによく見受けられますね。これは食物や金属などのアレルギーが原因となるものではなく、妊娠したことでホルモンバランスが変化して起こるものだと考えられています。普通の「じんましん」と同じように強いかゆみが妊娠性痒疹(ようしん)の特徴です。かきたくなる気持ちは分かりますが、濡れタオルで冷やしたり、上から軽くたたくだけでもだいぶかゆみが和らぎますよ。特に乾燥しやすい冬の時期はなるべく肌触りのいいものを着て、こまめに保湿クリームでお手入れしましょう。さらに妊娠中はどうしても家にこもりがちになってしまうと思いますが、ストレスを溜めないことも「じんましん」を防ぐには大切なポイントです。

妊娠中にじんましんの薬を飲んでも大丈夫?

あまりにも発疹やかゆみがひどい時は、病院に行って相談してみましょう。基本的に妊娠中の「じんましん」は軟こうを塗ることでたいていの症状は改善されます。診察の結果、重症だった場合は内服薬が処方されることもあります。本当なら妊娠中の薬の服用は好ましいことではありませんが、服用してもお腹の中の赤ちゃんにも影響がなく、大丈夫という時期もあるんですよ。そこのところは、お医者さんの指示に従ってくださいね。

蕁麻疹は出産後に消える?

妊娠性痒疹(ようしん)と呼ばれる妊娠中の「じんましん」が出ても、そんなに心配する必要はありません。というのも、出産後時間が経てば自然と消えて治ります。また、この「じんましん」の特徴として初めての妊娠のときより、2回目以降の妊娠時に発症しやすいと言われています。そして一度出産して治っても、次に妊娠した際にまた症状があらわれるというふうに繰り返されることが多いようですね。ほかの原因でしょっちゅう「じんましん」が出るなら話は別ですが、妊娠時に限って発症するものは完全にホルモンバランスが関係しているので安心していいですよ。

その他・妊娠中にかかりやすい皮膚の病気

ここでは、妊娠性痒疹(ようしん)のほかに妊婦がなりやすい「じんましん」のような症状の皮膚の病気を紹介しましょう。

*妊娠性掻痒(そうよう)症

妊娠後期に全身にかゆみが出ます。発疹はなく、ムズムズしたり、チクチク刺すような感じだったりと様々なタイプのかゆみがあります。入浴後などの体が暖まった時や寝る時は、特に出やすいので注意しましょう。「じんましん系」の症状全般に言えることですが、引っかくとかゆみが増してしまいます。夜、かゆくて眠れないという人もいます。不眠を避けるためにも一応病院に行くことをおすすめします。

*妊娠性疱疹(ほうしん)

妊娠中(特に後期)または出産直後に激しいかゆみの赤いブツブツが全身に広がります。はじめは小さな発疹でも、だんだん大きくなって水疱(すいほう)となります。出産後わりとすぐに治るため、軟こうを使って様子を見ることが多いです。一度出ると妊娠のたびに発症するケースが多いとされています。

*PUPPP

この病気は今のところ、まだ日本語訳がありません。あまり知られていないのかもしれませんね。PUPPPは初めて妊娠した女性が、妊娠後期に発症すると言われています。赤いブツブツが下腹部を中心にあらわれます。「じんましん」のように、かきむしってしまうと次第に全身に広がってしまう可能性もあるため、気をつけましょう。治療方法としてはステロイドの塗り薬を使います。ですが、かゆみが強すぎてあまり効果が見られないこともあるみたいですね。出産後、症状は消えてしまいます。

 
じんましんドクター