蕁麻疹(じんましん) ジンマシン先生
じんましんドクターサイトマップリンク集お問合せ
じんましんの基礎知識じんましんの出やすい人・時期蕁麻疹治療じんましん対策法じんましん危険度チェック
病院で治療する市販の薬で応急処置漢方薬で治る?生活改善が有効!
 

ジンマシンには生活改善が有効!

症状が軽いときは薬だけが「じんましん」の治療方法ではないと思います。生活改善することでもだいぶ良くなるんですよ。ここでは、薬だけに頼らずに日常の生活習慣を見直そう!ということで、そのポイントを紹介しましょう。ちょっとしたことで、思わぬ効果が生まれることもあります。

生活改善で蕁麻疹を治そう!

「じんましん」の治療時にも基本的には日常生活を送る上での制限はありません。ですが、「じんましん」を引き起こす原因の多くは、普段の私たちの生活の中に潜んでいるのです。ここで「じんましん」を治すための生活改善のポイントを見ていくことにしましょう。

*原因となる食べ物に気をつける

食物による「アレルギー性じんましん」の場合は、食事内容に気をつけなければなりません。特に食品添加物には注意が必要です。食事内容は体質改善に重要なものとなります。できるだけ添加物が含まれていなくて、しかも無農薬の食品を選ぶように心がけましょう。

*原因となるモノになるべく触れない

ペットやアクセサリー、花粉など食べ物以外にもアレルギーを起こす原因はたくさんあります。犬や猫を飼いたい!アクセサリーを身につけたい!気持ちは分かりますが、「じんましん」で苦しむことを考えたら避けたほうがいいでしょう。ペットも熱帯魚にするとか、アクセサリーもビーズ系にするとか…。代わりのものでも楽しめますよ♪

*肌を締め付ける衣類は着ない

ベルトや下着の締め付けも「じんましん」の原因の一つです。運動をするときは服の圧迫に十分な注意が必要ですよ。ちょっと大きめかな?というようなサイズのもの、または伸縮性のある服を着るようにするといいでしょう。

*激しい運動は避ける

「コリン性じんましん」の場合は汗が原因になるので、激しい運動はおすすめできません。反対に治療の一環として運動で汗をかき、それに慣らしていく方法もありますけど…。

*肌は常に清潔に

「じんましん」は根本的には皮膚の病気なので、常に肌を清潔にしておかなければなりません。きれいな肌を保つために大事なことですよね。「温熱じんましん」の場合、入浴時も要注意ですが特に夏は入浴を制限するといっても限界があります。シャワーなどで刺激を和らげるようにしてください。

*たっぷり睡眠をとる

睡眠不足は精神的なストレスを大きくする原因になりかねません。不規則な生活サイクルにつながっていきます。十分な睡眠をとることで気持ちも安定し、精神的ストレスからくる「じんましん」を改善します。

生活改善のメリットは?

このように生活改善を行うことで、薬を使った治療にも好効果をもたらします。生活改善が投薬療法のサポートをすることになるんですね。薬だけで治療するよりも治るスピードも早まります。「じんましん」は病院ではなく、自宅にいるときでも自分なりに色々工夫して治療ができます。生活改善で症状が軽くなれば、強い薬による副作用の心配もなくなりますよね。いくら医学が進歩したといっても、やっぱり薬を服用するのはコワイものがあります。薬いらずで治すことができるなら、そうしたほうがより安心ですよね。

じんましんだけじゃない!

良いことずくめの生活改善!「じんましん」に限らず、現代人に多いと言われている生活習慣病にも大きな効果を発揮します。脳梗塞、心筋梗塞、肺ガン、大腸ガン、糖尿病、高血圧、高脂血症、通風、肺気腫、歯周病など生活習慣病の多くは普段の生活を見直すことで、治すことができるんですよ。日頃から不調を感じている部分はどこか?体型や体重、血圧などに大きな変化はないか?食生活で不足している栄養は何か?などチェックして、思いあたる点があったら改善していくようにしましょう。血糖値やコレステロール値など、自分でチェックできないものについては、定期的に検診を受けることをおすすめします。

 
じんましんドクター